Menu
国際結婚 / 海外旅行

日本・アメリカの新型コロナウイルス関連まとめ~Coronavirus News Update in Japan and USA~

 

時系列

2019年にレポートされた新型コロナについて、日本とアメリカの対応を中心に時系列にまとめました。

日本政府の対応を赤文字アメリカ政府の対応を青文字で記載しています。

2019

12月

31日 世界保健機関(WHO)が中国湖北省武漢市で検出された原因不明の肺炎ついて報告を受ける

 

2020

1月

1日 武漢市内の海鮮市場「華南海鮮卸市場」閉鎖

7日 中国武漢市で新型コロナウイルスを検出

16日 日本国内で初めて陽性患者発生

20日 ヒト – ヒト感染が確認される

21日 アメリカで初めて陽性患者発生

23日 中国武漢市封鎖

30日 中国渡航情報をレベル4の渡航中止勧告 (Do Not Travel)へと引き上げ

31日 WHOが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言

「公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、14日前までに中国に滞在したことがある外国人の入国禁止および湖北省に滞在していた米国人の隔離義務を発表

 

2月

1日 新型コロナウイルスが指定感染症に指定される

3日 横浜港にクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」 到着

5日 停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」にて集団感染確認

8日 武漢在住の日本人初の死亡を確認

11日 WHOが新型コロナウイルス感染疾患を「COVID-19」と命名

13日 日本国内で初の死者を確認

21日 韓国大邱市の新興宗教「新天地」礼拝者の感染が急増

26日 イベントなどの中止・延期を要請

28日 アメリカ国内で初の死者を確認

 

3月

2日 日本全国の小中高・特別支援学校の春休みまで休校措置開始

5日 中国と韓国からの入国者に対し政府指定の施設などで2週間待機することを要請すると表明・決定

中国と韓国にある日本大使館などで発行したビザの効力および、韓国、香港、マカオに対するビザ免除措置の停止

10日 イタリア全土で外出禁止令

10日 3/15より衛生マスクの転売禁止及び罰則を定めることを閣議決定

11日 イギリスとアイルランドを除くヨーロッパからの入国を13日から30日間禁止する措置を発表

13日 イギリスとアイルランドも入国禁止対象に加えることを発表

国家非常事態を宣言

18日 アメリカ・カナダ国境一時閉鎖

19日 全国民に海外渡航の中止を求める勧告

カリフォルニア州全土に外出禁止令を発令

 

 

アメリカ・日本感染者数

感染者合計 現在治療中感染者 死亡者
アメリカ 468,566 425,947 46,691
日本 4,979 4,195 99

2020.04.09現在

日本とアメリカの反応の違い

2019年に中国でレポートされてから、凄まじい勢いで広がり続ける新型コロナ。

 

日本でも2月に入り、マスクや消毒液の品切れが相次ぎ、更には高額転売がされるなど徐々に混乱を見せ始めました。

追い討ちをかけるように、マスクの材料となるとの噂によりトイレットペーパーなどの紙類まで品薄に。

 

 

ちょうど家族で渡米を決めた3月頭、アメリカでも徐々に混乱が始まろうとしていました。

日本と同じく衛生材料の品切れが始まり、さらに食料の買い占めまで。

近所のスーパーから大型スーパーのコストコまで、缶詰やパン類、小麦類などの売り切れが相次ぎました。

 

 

そんな状況が数週間続くと、日本人には想像もつかないモノを買い求め長蛇の列が。

目的は、銃と弾薬。

アメリカでは株価大暴落や9•11など、不安定期になるたびに火器の売れ行きが伸びるようで、新型コロナが徐々に人々を不安からパニックに追い込もうとしているのが分かります。

 

アメリカでのアジア人差別

トランプ大統領も”中国のウイルス”とツイートしてしまうほど、コロナ=中国人というイメージがついてしまっているのは事実。

そして多くの西洋人は中国人も韓国人も日本人もみんな含めてアジア人という認識のため、新型コロナ=中国人=アジア人(日本人)といったように日本人も憎まれる標的になり得るという事。

 

 

渡米前にNYの地下鉄でアジア人が殴られるという事件を始め、各地で新型コロナによるアジア人への被害が実際に起きていることは知っていましたが、まさか実際に私も差別を感じる出来事が起こるとは正直思っていませんでした。

 

夫とJ君と共に道を歩いていると、ベンチに座る2人の小学生の様子が何やらおかしい。

耳を澄まして横を通るとこんな会話が聞こえてきました。

A「おい、お前何やってんの?」

B「アジア人が通り過ぎるまで息止めてんだよ!」

こんな小さなうちから、差別的な考えを持っていることに驚き、悲しくなりました。

 

 

が、よくよく考えてみるとこっちに来てからJ君に優しく声をかけてくれたり、ニコッと笑って挨拶してくれた人の方が圧倒的に多い。

そして、FBに夫がこのことを投稿すると何十人ものアメリカ人の知り合いからコメントが。

「同じ西洋人として本当に残念に思う。そんな思いをさせてしまってごめんね。」

「そんな考えの西洋人は気にしないで。」

「どんな親か想像がつくよ。あなたとあなたの家族に嫌な思いをさせてしまって本当に残念だ。」

 

日本でも特定の外国人を嫌う人がいるようにアメリカでも同じなのです。

そして現在、新型コロナというウイルスのせいでそれに拍車がかかっているのは確かなので、1人では行動しない、もしもの時のことを想定しておくということは必要かもしれません。

No Comments

    Leave a Reply