Menu
海外旅行

日本から持参の必要なし!|アメリカの生理用品レビューと関連英語~A Guide to Health Products in America~

”アメリカに行く時は、生理用品を持参する?”

日本の生理用品の質が高いため、女子であれば渡米する前に一度は考えることではないでしょうか。

 

実は私も渡米の度に約2ヶ月分は持参していましたが、今回は滞在期間が伸びてしまい、アメリカで買わざるを得ない状況に。

使用してみると予想以上に優秀だったので、今回はそんなアメリカの生理用品レビューと知っておくと役に立つ英単語をシェアしたいと思います。

 

アメリカ女子の生理用品事情

生理用品と言っても今ではたくさんの種類があります。

日本では7割の女子がナプキンを使用しているというデータがありますが、アメリカ女子はどの生理用品を使用しているのでしょうか。

ナプキン

日本と同じく多くの女子が使用しているようです。

羽つきや羽なし、夜用や少ない日用など日本と同じほど種類豊富に売られています。

 

タンポン

日本では生理中に運動がしたい、旅行があるなど脇役のタンポンですが、アメリカではナプキンと並ぶほどメジャーな生理用品。

ドラッグストアなどの売り場には、ナプキンと同じほどのスペースにたくさんの種類のタンポンが売られています。

 

月経カップ

日本はまだ知る人の少ないこちらは、シリコン製のカップを膣に挿入し、そこに経血が溜まっていくというもの。

ナプキンやタンポンに比べると使っている人は少ないものの、ナプキンやタンポンより衛生的でエコなため最近注目され使用する人も増えてきています。

 

生理用ショーツThinx

生理用ショーツといってもその他の生理用品と併せて使用する必要のないびっくりするようなショーツ。

4枚構造になった吸収体が経血を吸収し、表面もサラサラに保ってくれます。

ナプキン不要で蒸れなし快適|アメリカで人気No.1の生理用ショーツThinx(シンクス) | Ayaka Blog

 

購入場所

ドラッグストア

日本と同じくドラッグストアで購入可能です。

全米最大のドラッグストアチェーンであるCVSは、アメリカに1万店近い店舗があるためアメリカのどこにいても探しやすいお店です。

 

スーパー

普通のスーパーの場合は、ドラッグストアよりは品揃えが少ないこともありますが購入可能です。

ウォールマート、ターゲットなどの大型スーパーでは、ドラッグストアと同じかそれ以上の品揃え、またオーガニック系のスーパーではオーガニック系の生理用品を扱っているところもあります。

 

Amazon.com

長期滞在の方はアマゾンプライムでまとめ買いがおすすめ。

かさばる荷物を持ち運ぶ必要もないですし、様々種類の中からレビューを確認し選ぶことができます。

 

購入時に役立つ生理用品に関する英語表現

生理用品を購入する上で役に立ちそうな英単語を下記に集めてみました。

 

生理用品 Sanitary item

ナプキン Pads

タンポン Tampons

パンティライナー Liners

羽つき with Wings

羽なし without Wings

無香料 Unscented

多い日用 Maxi

夜用 Overnight

生理時の出血 Flow

多い Heavy

普通 Moderate

少ない Light

おすすめナプキンブランド

アメリカでも有名な高評価のナプキンブランド3社を実際に使用してみた感想とサイズ展開をご紹介していきます。

always

初めて購入したのは、always Infinity FlexFoam

とてもメジャーなブランドで、ネットで情報収集している時に一番多く見かけたブランドです。


Amazon.com Always Infinity Feminine Pads for Women, Size 3

 

間違えて羽なしを購入してしましましたが、羽ありも売られています。

開いてびっくり、長くて、とにかく薄い!

 

薄さのわりに漏れることもよれることもなかったですが、量の多い日は頻繁に変えた方が良い感じ。

表面にはたくさん穴が空いており、通気性はとてもよいです。

 

FlexFoamテクノロジーで作られた柔軟性、通気性の優れたInfinity FlexFoaシリーズ、FlexFoamテクノロジー+可愛い見た目とほのかに香る良い香り、音の出にくい包装と女子のことを考えたRadiantシリーズ、シリーズの中でもコスパの良いUltra thinシリーズ、肌に触れる部分のコットンでできたPUREシリーズとたくさんのシリーズ展開があります。

気に入ったシリーズの中から下記のサイズチャートを使って、ショーツサイズ経血量昼か夜かで自分にあったサイズ番号のナプキンを簡単に見つけられるようになっています。

 

 

U by Kotex

夜用に購入したのは、U by Kotex AllNighter Ultra Thin Pads

Amazon.com U by Kotex AllNighter Ultra Thin Overnight Pads

 

箱のパッケージがキラキラしていて思わず目が行ってしまったのですが、中の個包装もとっても可愛い。

 

気になるパッドは、安定の長さ。

あえて言うならおしり部分の幅がもう少しあると安心感がありました。

 

日本の夜用ナプキンはふっくらしていて、サイドにギャザーがついていたりしますが、こちらは表面がまっ平です。

その分つけ心地はとてもいいのですが、なんとなく安心感がない。

けれど、朝になっても漏れていることはありませんでした。

 

サイズは、まず比較的軽い人用のultra thinシリーズと、多い日用のmaxiシリーズに分かれており、さらにultra thinシリーズは4サイズ、maxiシリーズは3サイズ展開となっています。

ultra thinシリーズの中には、運動時用のFitnessなども発売されています。

 

Stayfree

こちらもとても有名なブランドのStayfree Ultra Thin


Amazon.com Stayfree Ultra Thin Regular Pads with Wings

 

ultra thinの中でも一番小さなサイズですが、量が普通な私にとってはちょうど良い大きさ。

 

表面は他の2社ブランドと比べフワフワしていて、肌触りも含め一番日本のナプキンに近い印象です。

 

U by Kotexと似たようなサイズ展開で、比較的軽い人用のultra thinシリーズと、多い日用のmaxiシリーズがあり、それぞれ3サイズ展開となっています。

オーガニックナプキンも種類豊富

敏感肌でかぶれやすい方には、オーガニックのナプキンもたくさん売られています。

その中でも人気のブランドをいくつか紹介します。

 

日本からもHerbから購入可能なので、自分の肌に合うかどうか心配な方は渡米前に一度使用してみると安心ですね。

Rael Organic

こちらのナプキンは遺伝子組み換えでないテキサスのコットン100%で作られています。

通気性・吸収性とも良いと評判で、Amazon.comでは何千件ものレビューが寄せられていますが、評価は星4.5とかなりの高評価を維持しています。

 

Amazon.com Rael Certified Organic Cotton Menstrual Regular Pads
iHerb Rael, オーガニックコットンカバーパッド、レギュラー

 

Seventh Generation

塩素フリー、レーヨンフリー、デオドラントフリーで作られているナプキン。

こちらのブランドは、洗剤や赤ちゃんのオムツなども扱っているアメリカでは比較的名の知れた大きなブランドなので安心感があります。

他のオーガニックコットン製品に比べ低価格なのに加え、1袋につき43セントを非営利団体に寄付している、お肌だけでなく環境にも優しいブランドです。

Amazon.com Seventh Generation Ultra Thin Pads with Wings
iHerb Seventh Generation, フリー & クリアー、羽根付き極薄パッド

 

natracare

婦人科医からも推奨されているナトラケアの商品には、ゲル、香水、ラテックスが含まれておらず、100%オーガニックコットンと再生可能な植物性セルロースで作られています。

さらに驚きなのは、包装も含めプラスチックや塩素を使っていないこと。

 

Amazon.com Natracare Natural Ultra Pads with Wings, Regular
iHerb Natracare, ウルトラパッド, 有機綿カバー, レギュラー

 

そしてこちらは唯一日本のアマゾンや楽天でも取り扱われている商品なので、日本にいても気軽に試してみることができます。

 

まとめ ~結局どれが1番?~

私は肌がかぶれやすい方ではないので、オーガニックコットンのナプキンでなくても十分満足できています。

 

使用した3社のナプキンを比較すると、経血の量があまり多くなくつけ心地・通気性を重視するならalwaysのInfinity FlexFoam

ポップな見た目と、経血量にある程度の安心感が欲しい方はU by Koteのultra thinシリーズ。

アメリカの生理用品にトライしたいけど少し心配と言う方は、日本のナプキンに近いStayfreeのUltra Thin

 

アメリカの生理用品はあまり良いイメージはありませんが、実はシリーズ・サイズ展開・オーガニック商品ともにとても豊富です。

ぜひアメリカに来る際は、アメリカでご自分にあった生理用品を見つけてみては?

No Comments

    Leave a Reply