Menu
育児

子育てに大活躍|Apple Watchをパパとママにおすすめする理由~Mom's Life With Apple Watch~

Apple Watchを使う前は、”腕時計は腕時計で十分”

”特に利用しないような機能があるだけ”

と思っていました。

 

そんな私が、昨年のクリスマスに夫からApple Watchをもらい、今では起床後にApple Watchを着けることから一日が始まります。

 

普通に使用しても便利なのですが、育児や家事に忙しい方におすすめしたい機能がたくさんあります。

 

こんな方におすすめ

子どもが生まれてから予想以上に時間がない…

あっという間にお昼がきて、夕方になって、疲れて寝落ちて朝がくる。

1分1秒が惜しく、猫の手も借りたいほど育児ってやる事が多い。

 

出産前のように気軽に外出できなくなった。

準備には2倍の時間がかかり、荷物も2倍に。(普段荷物が少ない私にとっては3、4倍以上かも…)

やっとお出掛け、と思いきや ”あ、お財布忘れた” なんてこともしょっちゅう。

 

そんな忙しい子育て中のママにApple Watchは多いに役に立ちます。

実際にApple Watchでどんな事ができるのか普段の私の活用例を交えて紹介していきます。

 

子育てに役立つ機能

防水機能

活用例の前に、子どもとの1日を過ごす上でなくてはならない機能。

  • 食器洗い
  • お風呂入れ
  • 手を洗う
  • 子どもに汚される
  • ベビースイミング

子どもといたり家事をしていると水に触れる機会も多くありますが、Apple Watch2以降は入浴、スイミングができるので心配ありません。

 

天気をチェックする

子どもの服を選ぶ時、お出掛け前にこれからの天気が気になる時、子どもを寝かせる前に夜は冷え込むか知りたい時など、Siriに話しかけるだけで簡単に天気、気温、降水確率が確認できます。

週間天気や1日の天気をテレビで見ることはありますが、ふとした時に知りたい時、iPhoneが近くにない時に本当に便利です。

 

買い物をする

子どもを連れて2人で買い物に行く、お出掛け中にちょっとコンビニで買い物。

子どもを抱っこしていると鞄から財布を取り出すのも一苦労ですが、AppleWatchにクレジットカードを登録しておけば、会計時に一瞬タッチするだけ。

うっかり現金を下ろし忘れて銀行に走ったり…ということもなくなります。

 

電車に乗る

SuicaをAppleWatchに登録しておけば、タッチのみで電車に乗ることができます。

Suicaを忘れて乗車券を買わなければいけないなんてことも、子どもが愚図っているときに鞄の中からSuicaを探し出さないといけないなんてこともなくなります。

もちろん乗車のみでなく、買い物にSuicaを使うこともできるのでSuicaポイントも貯まります。

 

タイマー/アラームを使う

iPhoneを使えばいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、ハンズフリーでSiriに呼びかけるだけでセットしてもらえるのは予想以上に便利です。

料理をしながら手が汚れている時、子どものオムツを変えながら、タイマー/アラームをセットできてしまうのは本当に助かります。

時間になったら振動で教えてくれるので、子どもが寝付いたときに起こしてしまうなんてこともありません。

Apple Watch で Siri を使う

 

メモをする

“家に帰ったらこれをして、あれをして、あれをこうしよう”

と、子どもとお散歩中に考えていても、家について靴を脱がせて手を洗って…と子どもの面倒を見ているうちに全て忘れてしまうなんてことありませんか?

そんな時はSiriに話しかけて、”リスト”のToDoにメモをしておけば後から確認することができます。

お買い物前に買いたい物リストを作るのもよし、平日に思いついた週末に終わらせたいことをメモしておくもよし、考え方次第で効率的な日々を送ることができます。

 

iPhoneを探す

家事や育児に追われ、”あれ、iPhoneどこに置いたかな?”という事が頻繁に起こります。

AppleWatchがあればiPhoneから音を鳴らして探し出すことができるので、どこに置いたか探し回る無駄な時間を減らす事ができます。

 

また下記のアプリを使って、マップ上でiPhoneを探すこともできるので盗まれてしまったなんてときにも使えます。

LookoutのApple Watchアプリは、なくしたiPhoneを探してくれる | TechCrunch Japan

 

メール/電話する

メール(LINE、Messengerなども)、電話など全ての通知を振動で教えてくれるので、マナーモードのiPhoneを頻繁にチェックする事なく連絡が来たときにすぐわかるので便利💡

またAppleWatch上でメッセージを確認し、返信までする事ができます。

返信方法はワンタップで固定文返信、音声入力、音声送信、スタンプを送る、と4種類。

電話の場合も応答することが可能で、AppleWatchがスピーカーとなり会話できます。

 

もしもの時の転倒検出機能

小さな子どもと二人きりのときに自分にもしものことがあり転倒してしまった、意識を失ってしまった、ということがあった場合に緊急連絡先に追加してある人、緊急通報サービスに連絡してくれる機能です。

ニュースでもこの機能が何人もの命を救ったと報道されていますね。

自分の命ももちろんですが、まだ自分のことができない子どもと一緒にいた際には子どもを救うことにも繋がります。

またこれとは別にBPM(心拍数)が異常な場合に振動で知らせてくれる機能もあり、こちらの機能も多くの人の病気の発見に役立っています。

 

どのモデルを買うべき?

現在発売されているのは、5シリーズ(4シリーズ のアップデート版)と3シリーズのみですが、オンラインではまだ新品を売っているところもあります。

 

私の使っているものは、Apple Watch 4, 40mm, GPS, ゴールドアルミニウムケース, ピンクサンドスポーツバンド ですが、どの機能が欲しいのかで、買うべきApple Watchは変わってくるので比較表をもとに違いや特徴を見ていきましょう。

比較表

Apple Watch 5 Apple Watch 4 Apple Watch 3


44mm 40mm 44mm 40mm 42mm 38mm

36.5g 30.8g 36.7g 30.1g 32.3g 26.7g

32GB 16GB 16GB 8GB

GPS
+
Cellular
GPS GPS
+
Cellular
GPS GPS
+
Cellular
GPS GPS
+
Cellular
GPS GPS
+
Cellular
GPS GPS
+
Cellular
GPS


アルミニウム/ステンレススチール
セラミック/チタニウム
アルミニウム/ステンレススチール アルミニウム

¥42800~ ¥45,800~ ¥19,800~
詳しくはApple公式サイト

5 vs 4 vs 3

比較表を順番に見ていきましょう。

まず外見

4シリーズから画面がひと回り大きくなり、さらに表示領域が丸みを帯び四隅まで広がることでとても見やすく、操作しやすくなっています。

反対に厚みは0.7mm薄くなったので、着けた時により腕にフィットするように。

スピーカーもアップグレードし、50%も音量がアップしています。

 

次に機能面

4シリーズから緊急SOSに加え、前項に記載した転倒検知機能がつきました。

5シリーズからのアップデートはコンパスがついたことと、画面常時表示が可能となり腕を動かしたくない時でも画面を確認することが可能になりました。

そして個人的に驚いたのは、電気心拍センサーを搭載して心拍数のみでなく、心電図の計測が可能になったことなのですが、現在のところ日本では使用ができなようにっているのでとても残念…

 

最後に気になるのは価格

5シリーズが発売されたと同時にかなり価格の下がった3シリーズに比べ、現在も4シリーズは5シリーズよりも高いので、今から4シリーズを買う理由はないですね。

 

最後に5シリーズか、3シリーズか、外見、機能、価格、全てをトータルで考え決めたいところですね。

 

GPS+Cellular vs GPS

GPS+セルラー” → 通信キャリアと契約をすれば、Apple Watchだけでネット通信可。

GPS” → iPhoneの電波かWi-Fiを使う必要がある。

セルラーの場合は通信キャリアと契約(しない場合GPSモデルとして使用可)することで、場所、iPhone関係なく全ての機能が使用可能なのに比べ、GPSの場合はネット通信を必要とする機能は使えません。

 

ネット接続が必要な機能

  • 電話
  • メッセージ送受信
  • iPhoneの通知受信
  • アプリ内チャージ
  • マップ
  • 天気の確認
  • 通信が必要なアプリの使用

 

ネット接続なしで使用可能な機能

  • Apple Pay支払い(買い物・電車バス乗車等)
  • ワークアウト記録
  • 同期済みの音楽などの再生
  • 心拍数確認
  • タイマーなど通信が必要ないアプリ

詳しくはApple公式サイト

 

iPhoneを持ち運ぶことなくネット接続が必要な機能を使用したい方はセルラーモデルを購入するべきということになります。

私はGPSモデルを使用してみて、ネット通信がなくても使える機能はたくさんある、iPhoneが必要でも取り出すことなくApple Watchで完結できる機能があるだけで十分便利と感じました。

 

どこで購入する?

私がおすすめするのは、Amazon.co.jp

  • Apple公式ストアがあるので安心
  • AppleCareをつけることができる
  • ポイントが貯まる
  • 他サイトに比べ割安
  • 配送が早い

 

別ストアのポイントや割引クーポンを持っている方はそちらの方がお得な場合もありますが、税込の価格、支払い方法、保証内容など確認してから購入するようにしましょう。

下記アマゾンリンクより自分の欲しいApple Watchを選択し、価格の確認も可能です。

 

No Comments

    Leave a Reply