Menu
オーストラリアワーホリ / 海外旅行

旅行・留学・仕事・移住|あなたにおすすめのオーストラリアの都市は?~Best Cities to Visit in Australia~

7つの州からなるオーストラリアは、日本の20倍もの大きさ。

 

暖かく温暖なオーストラリアは、旅行先として、勉強も仕事もできるワーキングホリデーで、または移住先としても人気のある国です。

 

その大きさゆえ、それぞれの地域によって気候や時差、特徴が異なります。

そこで今回は、目的別のおすすめ都市と過ごしやすい時期を紹介していきたいと思います。

 

渡豪前に知っておきたい基本情報

7つの州のあるオーストラリアマップ

WA (Western Australia)|西オーストラリア州|州都パース
NT (Northern Territory)|ノーザンテリトリー|州都ダーウィン
SA (South Australia)|南オーストラリア州|州都アデレード
QLD (Queensland)|クイーンズランド州|州都ブリスベン
NSW (New South Wales)|ニューサウスウェールズ州|州都シドニー
VIC (Victoria)|ビクトリア州|州都メルボルン
 TAS(Tasmania)|タスマニア州|州都ホバート

州や時期で変わる時差

通常期

期間は、4月第1日曜の翌日〜10月第1日曜日の前日で、3つのタイムゾーン(WA/NT, SA/QLD,NSW,VIC,TAS)に分かれます。

 

サマータイム期

サマータイムは、10月第1日曜日から翌年4月第1日曜日までです。

サマータイム制度が採用されている州は、SA、NSW、VIC、TASで夏の間は1時間プラスとなります。

エリアで全く異なる気候

オーストラリアに行く際に忘れてはならないことは、目的地の気候を知ること。

 

北半球に位置する日本に対して、南半球に位置するオーストラリア。

北に行くほど暖かく南に行くほど冷え込み、季節は日本と真逆のため日本の冬にあたる時期がオーストラリアの夏となります。

 

また日本の20倍もの大きさがあるため、場所によって気候の違いが激しかったり、四季がある場所があればない場所もあります。

その地域の気候の特徴で4つのエリアに分かれており、知っておくと渡豪の際にとても役に立ちます。

 

 

熱帯性雨林気候/熱帯性気候

日本人から人気のリゾート地のケアンズがある地域。

乾季(4月〜11月)と雨季(12月〜3月)に分かれます。

1年を通して夏ですが、南に行くほど朝晩の冷え込みが増したり、建物内のクーラーで冷えているので上着は必須。

 

亜熱帯性気候

サーファーの集まる人気の観光スポット、ゴールドコーストのあるエリアです。

沖縄と似たような天候で年間を通して晴天率が高く暖かく過ごしやすいエリアですが、建物の中でのクーラー対策や海の近くは風が強く肌寒く感じることもあるので、上着はあった方が良いでしょう。

 

砂漠性気候

エアーズ・ロックのあるこちらの地域は、名前の通り年間を通して雨が少なく年中乾燥しています。

夏の昼間の気温は40度近くなることもあるので注意が必要です。

朝晩の気温差が激しいので、夏の時期(12月〜2月)を除き、防寒着は必須です。

 

温帯性気候

日本のように四季がはっきりしており、日本人にとっては馴染みのあり過ごしやすいエリア。

 

同じエリア内でも大きく気温が変わり、オーストラリアというと温暖なイメージがありますがウィンタースポーツを楽しむことのできるエリアもあります。

 

おすすめ都市

実際に私が訪れた都市についてお話ししながら、6つの目的別(バケーション,一人旅,家族旅行,留学,仕事,移住)におすすめの都市をご紹介していきたいと思います。

✈︎マーク – 日本から直行便がある都市

ケアンズ✈︎


ベストシーズン – 4月〜11月

日本ではオーストラリア=ケアンズというイメージが強いだけあって日本人観光客が多いので、海外旅行初心者の方や家族旅行にも優しい旅行地といえます。

 

実はケアンズというのはとても小さな町なので、長期滞在よりもバーケーションとして訪れるのがおすすめ。

少し足を伸ばせば綺麗なサンゴ礁群のある海や、壮大な熱帯雨林など見所はたくさんあります。

 

こんな方におすすめ

  • バケーション
  • 一人旅
  • 家族旅行

ブリスベン✈︎

ベストシーズン – 9月

オーストラリア第3の都市ブリスベンは、暖かくなり降水量も年間で1番少ない9月がベストシーズン。

日本で例えるなら名古屋のような位置付けとなるので観光地としてはあまり知られてはいないものの、晴天の日が多く1年を通して穏やかな気候のため中・長期滞在に人気があります。

週末には電車で2時間弱、車で1時間ほどで海沿いの街、ゴールドコーストにもアクセス可能です。

 

また学習の面では、オーストラリアの中でも教育に力を入れている街ブリスベンでしか受けることのできない専門分野に特化した多彩な学校があり、留学の地としても人気があります。

 

こんな方におすすめ

  • 留学
  • 仕事
  • 移住

ゴールドコースト✈︎

ベストシーズン – 9〜11月、3〜5月

全長57kmも続く美しいビーチが有名なゴールドコーストは、まさにバケーションにぴったりな場所。

 

海沿いの街サーファーズパラダイス、土ボタル鑑賞、テーマパーク、動物園でコアラと写真撮影、ファーマーズマーケットなどやることも盛り沢山。

友人と、家族と、カップルで、など旅行相手にあったプランニングがしやすいエリアですね。

 

こんな方におすすめ

  • バケーション
  • 家族旅行

バイロンベイ

ベストシーズン – 9月〜11月

オーストラリアの最東端に位置するバイロンベイは、ゴールドコーストからバスで1時間半ほどの外国人からはまだ観光地としてはあまり知られていない小さな町。

美しいビーチ、おしゃれなオーガニックカフェやマーケット、最東端で白く輝く灯台などが魅力的です。

 

のんびりとした旅でリラックスしたい、小さな町でおしゃれなスローライフを送りたいという方にぜひ一度訪れていただきたいです。

のどかなこの町に暮らす気さくな方たちともきっと気が合い、気に入るはずです。

 

こんな方におすすめ

  • バケーション
  • 一人旅
  • 留学
  • 移住

シドニー✈︎


ベストシーズン – 9月〜11月

オーストラリアで一番大きな都市シドニーは、国立公園があったり、約40分でビーチに行けたりと大都会と自然が共存する街。

 

ショッピングをするもよし、ビーチでのんびりするもよし、電車に乗って世界遺産を見に行くもよしのどんな人のニーズにも答えてくれるのがシドニー。

 

「世界で最も住みやすい都市ランキング」に毎年ランクインしており、住み易さはお墨付き。

一歩街を出れば静かで緑の溢れた美しい住宅街があり、お散歩に出かけるだけで夢が膨らみます。

 

こんな方におすすめ

  • バケーション
  • 一人旅
  • 家族旅行
  • 留学
  • 仕事
  • 移住

キャンベラ

ベストシーズン – 11月〜3月

その昔、シドニーとメルボルンの首都争いの末に、都市計画に基づいて作られた人工都市の首都キャンベラ。

入念な都市計画に基づいて作られたキャンベラは、緑や公園が多く、交通渋滞も少なくとても暮らしやすい街として知られています。

大都市シドニーとメルボルンに車で3時間で着くのも魅力的。

 

また国会議事堂を始め、各国の大使館など政治と行政の中心地のためとても治安が良く、生活、教育水準ともに高いといえます。

ワンランク良い教育を落ち着いた環境でじっくり受けたい方におすすめです。

 

こんな方におすすめ

  • 留学
  • 移住

メルボルン✈︎

ベストシーズン – 11月〜4月

ヨーロッパ調の歴史的建造物が並ぶ美しい街メルボルン。

小道に入ればおしゃれなカフェやレストランが軒を連ね、緑溢れた公園も多くあります。

 

F1レース、全豪オープンテニス、公園で寝転がって映画鑑賞をする野外シアター、街中が光のアートに包まれるWhite Night Festival、クイーンビクトリアマーケットをはじめとしたくさんのマーケットなどなど、毎日のようにイベントがあり住んでも飽きることなく楽しめます。

 

また四季がはっきりしているエリアのため、車で3時間ほど行った山では冬にウィンタースポーツを楽しむこともできます。

こんな方におすすめ

  • バケーション
  • 一人旅
  • 家族旅行
  • 留学
  • 仕事
  • 移住

パース✈︎

ベストシーズン – 11月〜4月

まだまだ知られていない西オーストラリアに位置する第4の都市パース。

2019年には日本からの直行便も就航し、今注目されつつある街です。

 

”世界で一番美しい街”とも言われるほど魅力たっぷりの街で、個人的にはオーストラリアに移住するならパースを選ぶほどお気に入りの街です。

街の中心にはスワン川という大きな川が流れ、キングスパークという壮大な丘公園から見下ろすパースの街並みはとても綺麗で、ピクニックを楽しんだり様々なイベントも開催されています。

 

電車で30分ほどの距離には美しいビーチやウィークエンドマーケット、内陸部に少し足を伸ばせばオーストラリアで最も古いワインの産地、美しい孤島などがあります。

 

こんな方におすすめ

  • バケーション
  • 家族旅行
  • 留学
  • 移住

タスタニア

ベストシーズン – 12月〜2月

オーストラリア最南端に位置する島、タスマニア島。

北海道ほどの大きさのこの島は、レンタカーを借りれば数日で一周できます。

 

手付かずの自然が多く残るこの地でしか出会えない動物、息をのむほど美しいビーチ、世界遺産クレイドルマウンテン登山などこの地でしかできないことがたくさん。

 

その中でも有名なのは、年中見えると言われるオーロラ。

温暖なオーストラリアでオーロラが見えるなんて信じられませんが、タスマニアでも南の方で特に秋から冬の空気が澄んだ時期には特に見られる確率が上がるそうなので是非訪れてみては?

 

こんな方におすすめ

  • バケーション
  • 一人旅
  • 家族旅行

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

オーストラリアには様々な文化や気候の違いがあり、訪れる場所によって全く違う体験ができるのです。

 

現在オーストラリアにいる方も他の地域に足を伸ばしてみると、さらに気に入る場所を見つけることができるかも。

自分の求めているオーストラリは、刺激のある都会なのか、リラックスした雰囲気の田舎町なのか、ぜひ追求してみてください。

No Comments

    Leave a Reply