Menu
国際結婚

日本での国際結婚の手続き~How My American Husband and I Got Married in Japan~

外国人の彼と婚約したら、次は手続き。

 

役所での手続きや配偶者ビザの申請など複雑なイメージですが、初めから必要書類を用意しておけばそうでもありません。

 

夫の国籍やどの国で手続きをするかで必要書類が変わる場合があるので、手続きに行く前に役所と大使館に必要書類を確認すると確実です。

 

今回は、私たち夫婦の行った結婚手続きを具体的に紹介していきます。

 

結婚時の私たちの状況

夫:アメリカ国籍(日本では観光ビザ)

私:日本国籍(アメリカではESTA)

 

  • 東京で同棲中
  • 交際して6ヶ月
  • 妊娠3ヶ月

 

国際結婚の流れ

日本で国際結婚の手続きをする場合の大まかな流れは、アメリカ大使館で夫の必要書類を取得、その他書類を揃え最寄りの役所へ提出、という意外とシンプルなものです。

下記で詳しく見ていきましょう。

 

姻要件具備証明書を取得するため、アメリカ大使館に来館予約

姻要件具備証明書をアメリカ大使館で完結させる(スタッフの前で本人がサインする必要あり)

その他必要書類の準備

最寄りの役所で婚姻手続き(名字の変更がある場合はここで変更します)

役所より婚姻届受理証明書の受け取り

配偶者ビザの手続き(別の記事に続きます。)

 

必要書類

婚姻届

空欄のものを最寄りの役所で取得します。

最近は役所からの書類でなくても、インターネットから素敵なデザインの婚姻届を購入することもできます。

 

印鑑

日本人に必要で、外国人はサイン可能です。

 

戸籍謄本

手続きをおこなく役所が、日本人側の本籍地でない場合に必要です。

 

婚姻要件具備証明書

まずアメリカ大使館のウェブサイトからダウンロードし、署名以外の箇所を記入します。

記入後、アメリカ大使館に来館予約をし、アメリカ国籍のものが来館し書類を完結させます。

配偶者の来館は不要です。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

意外にもシンプルな流れで、国際結婚はできてしまうのです。

 

この後、日本でビザを持っていないパートナーとともに日本に住む場合は、配偶者ビザの申請が必要となります。

こちらについてはまた別の記事にまとめたいと思います。

No Comments

    Leave a Reply