Menu
国際結婚

アメリカ人夫がびっくりした日本の習慣6つ~6 Things That Surprised My American Husband About Japan ~

今までのほとんどの人生をアメリカで過ごしていた夫。

 

日本に移住して驚いた、日本独特の海外にはない文化がたくさんあったそうです。

私も夫に言われるまでは当たり前と思っていたことが、自分の国の文化と知って驚きました。

 

今回はそんな外国人が日本に来た時に驚く、日本の習慣をシェアしたいと思います。

 

クリスマスにKFC

日本ではテレビでKFCのCMを見ると、”もうすぐクリスマスだ”と気づくほど有名になったクリスマスのKFC。

むしろクリスマス以外には食べないけれど、クリスマスは特別!なんて方も多いのではないでしょうか?

 

一方、アメリカではKFCといえばマクドナルドのようなファストフードの様な存在。

1年の中でも特別な日であるクリスマスにKFCを食べることはなく、七面鳥の丸焼きを食べることが多いようです。

もちろんKFCクリスマス限定のセットなんていうのも、日本だけでアメリカでは販売されていないようです。

 

仕事後の飲み会

夕方に夫と新橋を歩いていた時のこと。

 

夫「なんでこんなにたくさんサラリーマンがお酒を飲んでるの? こんな遅くにこんなところで打ち合わせ? 家に帰って家族と夜ご飯食べないの?」

と聞かれたことがありました。

 

この光景があまりにも日常になっていたので、考えたこともありませんでした。

アメリカでは家族との時間がとても大切で、家に帰って家族で食卓を囲むのが一般的。

仕事後に友人とご飯に行くことはあるようですが、上司やクライアントの付き合いでということはあまりようです。

 

どこでもお辞儀

これは日本文化というしかないですね。

私たち日本人では気づきもしないことですが、外国人の夫にとっては街を歩いていると、あっちにも、こっちにも、というようにそこら中にお辞儀をしている人がいることが珍しいようでした。

 

日本に来たばかりの頃の夫は、お店のスタッフや不動産屋さんなど、別れ際に深くお辞儀をされるのも気まずいと言っていましたが、今では自分の気づかないうちにお辞儀をしていることもあるようで、日本の文化に染まりつつあることに本人もびっくりしていました。

 

警察が優しい

夫の実家アメリカに里帰り中の出来事。

夫が運転する車が工事中で通行止の道路に間違って少し入ってしまった時のこと。(アメリカでは工事現場にガードマンではなく警察官が見張っています。)

 

ものすごい剣幕で両手を上下しながら近づいてきた警察官。

警察官「ここで何してるんだ⁈あのサインが見えなかったのか⁈」

夫「すみません、通行止のサインを見間違えて。あっちから引き返したらいいですか?」

警察官「そうするしかないだろ!まったく!」

夫「…」

 

その後夫は 「これが日本だったら警察官はお辞儀をしながら、”ご迷惑をおかけしております” って言うだろうね、と言っていました。

日本はアメリカほど大きな事件もなく平和なため、警察官もリラックスしているのでしょうか。

 

夫のお小遣い制

私の両親を含め、日本では女性が家計を管理していることが多いような気がします。

 

そんな私の両親がお金のことで話しているのを聞き、「え?お義父さんも働いているのにお義母さんが全てのお金を管理してるの?」とすごく驚いていました。

 

もちろん両親はお互い納得の上のことなのですがそれでも夫には驚きだったよう。

アメリカでは夫婦で別々に管理をし、それとは別で共用口座を持つ家庭もあるようです。

 

公共の場でお酒が飲める

夕方に自宅の近所を散歩していると、チューハイを飲みながら帰宅中のサラリーマンが。

それを見た夫は、何か険悪な表情。

 

どうしたのか聞くと、公共の場でお酒を飲むのは禁止だと思っていたと。

 

私の滞在していたオーストラリアもそうでしたが、アメリカも州によっては公共の場で飲酒は禁止となっているのですね。

海外というとのんびりお酒を飲みながら外を歩いているイメージですが、国や州によってルールがあるので気をつけましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

文化の違いをこうした形で知ることができるのはおもしろいです。

初めは日本独特の文化に戸惑っていた夫も、今では本人の気づかないうちに日本の文化に馴染んできています。

No Comments

    Leave a Reply