Menu
国際結婚 / 英語学習

外国人に通じない和製英語~Japanglish Words Made up in Japan~

普段何気なく話している日本語の中にも英単語はたくさんあります。

これだけ聞くと「ラッキー!英語を話すとき役に立つ♪」と思いますよね。
確かに、普段使っている単語の発音を変えるだけで英語になる便利な単語もたくさんあります。

が、これらの中には日本人が作り出した英語っぽい日本語もたくさん含まれています。
その存在がとてもややこしく、外国人に話してみたら通じなかった、母国語が日本語の方にとっては「あれ?この単語って英単語だっけ、日本語だっけ」と混乱するのです。

そこで今回は私たちが知らず知らずのうちに使っているカタカナの英単語と日本で作られた英語っぽい単語について例をあげてお話ししていこうと思います。

 

カタカナ英語と和製英語

普段私たちが使っている英語は大きく2つに分けることができます。

実際に存在する英単語を日本語で表記、発音した、カタカナ英語
日本人が作り出した英語っぽい単語、和製英語

違いは明確で、カタカナ英語は英語である、和製英語は外国人には通じない日本語であるという事。
また共通している点は、カタカナで表記する点。
これがカタカナ英語と和製英語をごちゃ混ぜにし、結果どれが正式な英単語なのか混乱させているのだと思います。

 

和製英語はなぜできたのか

カタカナ英語は、海外との繋がりが深まる中で企業がキャッチフレーズとして使っているとか、現代であればSNSで話題になり浸透していったとか想像しやすいですよね。

では和製英語が生まれた理由は?

まず時代の流れに伴い、本来の意味とは異なる意味を持つ単語に変化した場合

例えば、スマート(Smart)という単語。
日本では体型に関することで使われますが、本来英語では頭がいい、賢いといった意味で使われます。

もう一つはバイキング。
様々な料理の食べ放題のことをバイキングといいますが、英語では北欧の海賊を示す単語です。
帝国ホテルでスウェーデン料理のスモーガスボードをバイキングとして提供したこと、それと同時期に上映されたバイキングという映画の食事風景が印象的で馴染んでいったようです。
ビュッフェと同じような意味と思いがちですが、ビュッフェとは食べ放題とは限らないので正しい英語はAll-You-Can-Eat buffetとなります。

 

日本人に使いやすいよう、アレンジされた場合

短縮したり、繋げたりまさに英単語を使って作られた日本語。

短縮された一例として、エアコンがあります。
正しい英語は、Air Conditionerや話し言葉ではACと言ったりもします。

繋げて作られた単語には、ベビーカーがあります。
赤ちゃんと車という意味の英単語を使って作られた言葉ですが、英語では Strollerストローラーといいベビーカーというと赤ちゃんが乗って遊ぶ車というように理解されてしまいます。

 

豆知識ですが、下記のように語源が英語ではない場合もたくさんあります。
こういった単語も英語として理解してもらえません。

ズボン【フランス語】

ピーマン【フランス語】

バームクーヘン【ドイツ語】

 

いろんな種類の外来語が使われたり、たくさんの和製英語が作られていることが分かったところで、もう少し例を紹介します。
ぜひこの機会に覚えて行ってくださいね♪

 

日本で使われる和製英語・カタカナ英語

スキンシップ

英:Physical Contact/Bonding
スキンシップと言うとスキン(肌)-シップ(船)?と混乱させてしまうかもしれません。
英語でスキンシップと表したいときは、Physical(身体的な) Contact(触れ合い)またはBondingという言葉がしっくりきます。

 

ビーサン

英:Flip Flops
ビーチサンダルという言葉の短縮からきているビーサン。
短縮形でないビーチサンダルも実は和製英語なんですね。

 

コンセント

英:Outlet
正しい英語でコンセントは”承諾する”という意味になります。
似ても似つかない単語なのでもちろん英語では伝わりません…

 

ベビーベッド

英:Crib
え?これは正解なんじゃ…?
と思った方も多いかもしれませんが、英語ではCribクリブと言います。

 

マジックテープ

英:Velcro
よく考えてみると面白い意味のマジックテープ。
正しくはベルクロと言いますが、アメリカにはマジックテープという名前で販売されているテープがあるので勘違いされるかもしれませんね。

 

ホチキス

英:Stapler
英語とは全く違う名前で特徴的な名前のホチキス。
漢字を見たこともないので気になって由来を調べてみると、日本で初めてアメリカから輸入したホチキスの会社(E・H・HOTCHKISS社)がホチキスだったのでそれ以来ホチキスと呼ばれているようです!

 

ビニール(袋)

英:Plastic Bag
実際に私も夫に使い、混乱させた言葉です。
正しくはプラスティックバッグ。
和製英語として存在していても驚かないような単語ですよね。

 

シール

英:Sticker
英語でシールというと、密封するといったような意味です。
封筒にシールを貼ると封筒は閉じられ中が見えなくなる、なんとなくシールと呼ばれるようになった想像がつきますね。

ちなみに日本でもステッカーと呼ぶこともありますが、何が違うかというとシールは屋内用、ステッカーはある程度丈夫な作りとなっていて屋外用という違いがあるようです。

 

ビール

英:Beer
正しくは”ビアー”と発音します。
ビアガーデンなど正しく発音しているカタカナ英語もありますね。
ちなみに私は最後のRの音を舌を使って自然に発音することに苦戦しましたが、数をこなすのみです!

 

ガソリンスタンド

英:Gas Station
ガソリンは英単語でもあるのですが、ガソリンスタンドと言いたい時は短縮してガスのみに、ステーションを付けます。

ちなみに私がオーストラリにいた頃は、イギリス英語が主流なのでPetrol Stationの方が頻繁に耳にしました。

 

パーカー

英:Hoodie
パーカーと伝えたい時にはフディーと言います。
日本でも服についた帽子部分をフードというので少し似ていますね。

気を付けたいのはFの音。
唇を噛んで発音すると食通な人を指すフディーに、唇を噛まず息を一気に吐き切るように発音するとパーカーという意味のフディーになります。

 

ワンピース

英:Dress
日本語でドレスというとパーティーに着ていくような華やかな洋服をイメージしますが、英語では全てドレスと言います。
ワンピースをいうと漫画のワンピースか、ビキニではないつながった水着とを想像されます。

 

アレルギー

英:allergy
正しくは”アレジー”のように発音します。
真ん中のRは発音しないのですが、カタカナ英語でははっきりと発音する違いがあります。

 

私たちが日常で使っている言葉の由来を知ったり、英語では正式になんというか知ることはとても面白いです!
アメリカ人の夫にこういった日本語のクイズを出すととてもおかしい答えが返ってきますが、確かに英語で考えるとそういった意味だったり…

もし近くに日本語を勉強している人がいればクイズを出し合って見てください。
楽しく会話をしながら、正しい英語を学ぶ機会ができますよ。

No Comments

    Leave a Reply