Menu
妊娠・出産 / 育児

産後も着られるおしゃれなマタニティパジャマ10選~Stylish Maternity and Nursing Pajamas~

妊婦でもおしゃれな洋服が着たい。

そんな思いで、産後までお世話になるであろうマタニティパジャマをネットで探しました。

 

ですが、機能性を重視されたマタニティパジャマはデザイン性がその次にくるのか、なかなか思ったようなデザインが見つからない…

そんな思いをされた方は私だけではないはず。

そこで今回は、産後も着たくなるようなおしゃれなデザインのマタニティパジャマをご紹介します。

 

どんなパジャマを選んだら良いの?

自宅で着る場合

妊婦の間や出産後に自宅で着る用のパジャマは病院でのことを考えなくても良い分、比較的選択肢が多くデザイン性の高いものも見つけやすいです。

伸縮性のある素材、ゆったりサイズを選ぶと臨月まで締め付けなく着ることができるでしょう。

妊娠から出産、育児まで1年以上あり、家で過ごす時間も多くなるのでルームウェアとして購入しておくの良いですね。

 

出産入院時も着たい場合

出産入院時に病院で着るパジャマを選ぶ際はいくつかポイントがあります。

私が出産入院時、実際に感じたことはこちら。

  • 前開き – 緊急時、処置時、授乳時に便利
  • 半袖、七分袖や薄い生地 – 病棟や新生児室は暖かい、沐浴の際に濡れない
  • 伸縮性のある素材 – 授乳時やベッドへ上がる時に脚を開きやすい
  • スカート – 産後は足が浮腫むのでスカート+着圧ソックスがおすすめ

 

まず前開きのパジャマは、もしも帝王切開になった場合でも術後の処置でお腹部分のみを開けることができるのでとても便利、そして上半身部分を大きく開けることができるので授乳もしやすいです。

胸の両サイドに授乳口の付いたのマタニティパジャマを着ている方もいましたが、初めての授乳はとても難しく結局肩から脱いで授乳されている方も多かったです。

そして病棟内は思った以上に暖かいですし産後は胸が張って熱いので、真冬の1月の出産でしたが半袖でも良かったと感じました。

病院では思った以上に動いたり体勢を変えることが多いため伸縮性のないシャツのパジャマは動きにくいと感じました。

 

ルームウェアとしても着られるおしゃれなマタニティパジャマ5選

ゆったりとしたデザインで伸縮性のある素材のものをピックアップしました。

マタニティパジャマとしてだけではなく長く着られるよう、産後の授乳のことも考えられたデザインです。

着心地、機能性も良いですが、デザインも劣っていないので近場の外出などにも着ていけるおしゃれなものばかり。

 

 

出産入院時にも着られるマタニティパジャマ5選

やはり処置や授乳に便利なのは、前開きのタイプのマタニティパジャマ。

出産後に訪れてくれた面会者に会っても恥ずかしくないデザインです。

 

No Comments

    Leave a Reply