Menu
オーストラリアワーホリ

オーストラリアで良いシェアハウスを見つける方法~How to Look for a Sharehouse in Australia~

新しい土地に住む上で、まず必要になるのは住居。

 

コスト、環境、住人、英語力向上など何を優先するかで様々な滞在方法があります。

 

今回は日本でも増えてきたシェアハウスをオーストラリア で探す方法についてご紹介します。

 

オーストラリアでの滞在方法

ホームステイ

学校に通う方は学校とホームステイをセットで申し込みされる方も多いのではないでしょうか。

ネイティブの家族と過ごす事で、家にいる間もネイティブの英語に触れることができるので、英語に対する苦手意識をなくすことができます。

 

また朝晩の食事がついてくるところがほとんどですが、他の滞在方法と比べコストは上がります。

 

シェアハウス

アジア人ネットワークで探せば日本人や韓国人の多く住んでいるシェアハウス、学校で出会ったフランス人の子の紹介で見つけるとヨーロピアンの多いシェアハウスというように、探し方次第でどの国籍の住人が多いか分かれます。

 

家賃は、何人部屋かアクセスの良さなどでばらつきがあり、一見良い条件ばかりなのにとても安い物件などもありますが、家の衛生環境がよくないことなどもあるので内見は必須です。

 

また良いシェアメイトに出会うことができれば、週末に一緒に出掛けたり共に食事をしたりと家族のような存在に慣れる事もあります。

 

バックパッカーズホテル

旅行中などコストを抑えたいときや、新しい土地に引っ越した際シェアハウスが決まるまでの間滞在するのに便利です。

あまり安いところはダニなど衛生面での心配もあるので、予約の際にレビューを確認しましょう。

 

新しい土地では宿泊者と交流し、情報収集する場としても活躍しますよ。

 

Airbnb(エアービーアンドビー)

高級物件で非日常体験も|Airbnbで旅に出よう! | Ayaka Blog

かなり有名になってきましたが、こちらは現地の人から部屋を借りる民泊です。

少人数から大人数の旅行の際、ホテルは高すぎるけど特別感が欲しい、という時にぴったりで、庶民的な物件からホテルに負けないようなお部屋までたくさんあります。

 

私自身オーストラリアにいる時に知り、それから旅行の際に何度も利用しているお気に入りの宿泊方法です。

 

シェアハウスの探し方

オーストラリアでシェアハウスを探す方法は大きく分けて2つ。

学校の友達や職場の方など知り合いからの紹介と、インターネットの情報サイトを使ってオンラインで探す方法です。

今回は情報サイトでのシェアハウス探しについて詳しく説明していきます。

 

私がよく使っていた情報サイトは、日豪プレスとGumtreeで、それぞれの違いや特徴は下記の通りです。

 

  • 日豪プレス

こちらは名前の通り、オーストラリアの日本人コミュニティサイト。

日本人オーナーの場合も多いので、オーナーとコミュニケーションを取りやすいのが良い点。

 

が、日本人またはアジア人のシェアメイトとなる確率も高く、日常的に英語を使いたいと思っている方はシェアメイトの国籍を確認すると良いでしょう。

 

または先にシェアハウスを探している外国人の友達を見つけ、日豪プレスで一緒に住めるシェアハウスを探す方法もあります。

実際、私はクラスメイトのブラジル人の友達とルームシェアを探し、数ヶ月共に生活していました。

 

  • Gumtree ガムツリー

物を売ったり、仕事を探したりできる現地のクラシファイドサイト、ガムツリー。

 

現地の人も学校に通うために地元を離れて生活する際に、シェアハウスを探す手段として使用しているガムツリーは、日本人以外のシェアメイトと暮らせる確率がとても高いです。

 

ですが、生活習慣の違いに驚くことのないよう、内見の時点で確認しておきましょう。(土足オッケーな物件などもあるため)

 

 

では、それぞれのサイトでそのように物件を見つけるか見ていきましょう。

日豪プレス

日豪プレスを開きます。

 

こちらの”🛏住まい”をクリック

 

エリアを選択すると物件が一覧になって表示されます。
詳細を設定したい場合は、画面をスクロールした左端で設定することができます。

 

気になる物件が見つかったら、”メールを送る”から連絡を取ります。

 

Gumtree

Gumtreeを開きます。

 

トップページで”Real Estate”にカーソルを合わせ、

 

”Flatshare&Sharehouse”を選択します。

 

左端の条件一覧から希望のエリア、家賃などを選択できます。

 

 

気になる物件が会ったら、そのページを開いて”Sign in to messege”からログインをしてからメッセージを送ります。

予め「こんにちは。この家が気になるのですが、内見はいつ可能ですか?」といった文面が出てくるため変更点がなければそのまま送信できます。

 

見学で気をつける事

気になるシェアハウス が見つかったら早速見学に行きます。

※見学の際は1人で行かず、安全のため友達などに付き添ってもらうことをおすすめします。

 

下記に入居を決める前に確認しておくことをリストにしたので参考にしてください。

  • 家賃以外にかかる費用
  • 水道光熱費の計算方法
  • インターネットがあるか
  • バス、トイレのシェア人数
  • シェアメイトについて(国籍、人柄など)
  • リネンはあるか
  • ジムやプールはあるか
  • 自分用の鍵を持つ事ができるか
  • ハウスルールについて(友達を呼べるか、掃除ゴミ捨て分担など)
  • 最低入居期間
  • 退去時いつまでに知らせるか

 

おまけ:シェアハウス探しで役立つ英単語

Rent 家賃

Bond 敷金

Available (入居)可能

Inspection 内見

In advance 事前に

Furnished 家具付き

Utilities ガス、電気、水道

Electricity 光熱費

Bills 請求書

Included 含まれる

Unlimited 無制限の

Notice 知らせ(退去決定連絡)

 

No Comments

    Leave a Reply